千葉市緑区 口コミNo.1のあすみが丘ときめき整骨院 交通事故・むちうち治療について

ポイント① こだわりの手技

~手技で交通事故による痛みを限りなくゼロに~

交通事故による痛みの改善で「ときめき整骨院」が最も力を入れているのは手技です。施術のプロが実際に手技をすることで、機械では認識できない筋肉の微かな動きも読み取り、事故の痛みを和らげます。また、交通事故の影響で実際に痛みが発生している箇所だけでなく、全身を見て、1人1人の状態に合わせて、オーダーメイド型の施術を行うため根本的な治療につながります。そのため、交通事故による軽度のむちうちであればたった1回の施術で効果を実感していただくことができます。


ポイント② 丁寧なヒアリング・検査

~施術前後で違いを実感していただく~

交通事故によるむちうちはすぐに身体に症状が出るものと、しばらく時間がたってから症状が出るものがあります。例えば、「屈んだり、身体をひねった瞬間に手足に違和感を感じる」「湿度が多い日に痛みを感じる」などです。そのようなことが発生しないように、適切な問診・検査を「ときめき整骨院」は行います。また、交通事故で発生したむちうちなどの痛みはなかなか一度では解消しないものです。その結果、施術による身体の回復をなかなか実感することができません。しかし、「ときめき整骨院」では毎回施術前後で、交通事故による痛みがどれくらい改善したかを実感していただくように検査を行っております。そのため、毎回身体の回復・改善を実感していただくことができます。


ポイント③ 交通事故にあう治療機器

~最新の機器で回復を促す~

交通事故によるむちうちの痛みは、深い筋肉がダメージを受けている場合もあるため、手もみだけでは完全に回復させることは困難です。しかし「ときめき整骨院」では、深層筋まで効果を出すことができる施術機器を使用することで、根本的な治療を行えます。



現在、交通事故によって医療機関等で以下のような症状名を診断された方は、ぜひ「ときめき整骨院」にお越しください。当院が責任を持って最適な治療を行わさせていただきます。症状を放置していると、後遺障害となり完全に回復することが困難になる恐れがあります。早期改善をするためにも、1日でも早く「ときめき整骨院」にご相談ください。

「ときめき整骨院」では、むちうちなどの身体的回復を促す治療を行うだけでなく、交通事故によってできたお悩みや不安へのアドバイスも重要視しております。なぜなら、交通事故後は身体の痛みはもちろんのこと「交通事故後にどのような手続きをしたらいいのかわからない」などの心理的不安も多いためです。そのため、「ときめき整骨院」では病院や保険会社、弁護士などと連携して患者様一人一人の心理的なお悩みまで解決させていただいております。それは、むちうちなどの身体的ダメージの回復だけでなく、心理的ダメージも回復しなければ、患者様の幸せにはつながらないと考えているからです。また、双方のダメージを合わせて「ときめき整骨院」が見させていただくことで、お身体の回復のスピードも格段に向上いたします。

身体的ダメージと心理的ダメージ双方の回復。治療の効果を患者様に実感していただくために、患者様1人1人のさまざまなお悩みを解決できるように「ときめき整骨院」は努めております。

「むちうち等、交通事故によるお体の悩みを抱えておられる方」
「交通事故後の手続きに悩んでおられる方」
「通院先の施術内容に不備、不満を感じる方」
「千葉市緑区周辺で交通事故に合われた方」
「友達や知人が交通事故に合われた方」
「レントゲンでは異常なしと言われたが痛みがある」
「病院で湿布と痛み止めを商法されたもののお体が回復しない」

「ときめき整骨院」にぜひご相談ください。


患者様の状態・希望に合わした治療プランの提案いたします。当院では、交通事故の施術実績が多くあり、むちうち、事故後のケガ、リハビリなど様々な症状に対応できます。


交通事故の患者様には通っていただきやすいように平日20時半まで受付を行っております。また、予約をしていただければ、基本的にお待たせることはありません。仕事が忙しい方や、予定がある患者様も、待たせませんので、ご利用しやすくなっております。ご安心してお越し下さい。


自賠責保険適用の場合、保険会社が施術費用を負担してくれます。病院や整形外科との併院・転院が可能です。


レントゲンで医師に異常なしと言われたものの関節や、手足が痛む。そのような方も施術させていただけます


ときめき整骨院は多くの交通事故患者の施術経験がありますので、保険の相談などもご安心ください。「こんなケースは保険が適用されるの?」などの質問は交通事故の場合ではよくでてきます。保険会社への連絡もお気軽にご相談ください。


お客様の声

よくある質問

本当に交通事故施術は0円でできるのですか?

交通事故施術は無料で施術可能です。示談をする前であれば、お客さまの負担はありません。
実費0円です。

これは自賠責保険という保険を適応するからです。

自動車損害賠償責任保険(自賠責保険)という保険は、公道を走るすべての自動車やバイク(原付含む)に加入が義務づけられています。「強制保険」と呼ばれていますよね。

被害者の救済を目的に国が始めた保険制度なんです。わかりやすく言うと、被害者が泣き寝入りしないで良いように定められた保険です。この保険により、最低限の補償を受けることができます。

基本的には、被害者の保護を目的としているので、本来は保険の契約者である加害者が保険金の請求を行います。

しかし、被害者も自賠責保険に対して請求できます。被害者が請求を行う場合は保険金の請求ではなく、損害賠償の請求になるのですが、同じ金額が補償されます。

ただし、被害者にも過失がある場合は、「過失相殺」といって、被害者が賠償を受けられるのは加害者の過失分だけになるので、自分の過失分の施術費は被害者自信が負担します。

被害者の過失が7割を超えていたら、2割の減額になります。

ですが、「過失相殺」が起こったとしても、実際のお客様のお会計時のお支払いは、0円です。

※被害者であっても自分の健康保険を使うと、若干のお会計時の費用はかかります。


保険を使うと、どんな費用が保障されるのでしょうか?

この保険を使うと、色々な費用が無料になります。

1)施術費
2)交通費
3)休業損害費

交通事故によるケガの施術費は、すべて保障されます。

そして、当整骨院に通ったさいの、公共交通機関代金、タクシー代金、有料駐車場の代金、車の燃料代金なども全て保障されています。交通事故の施術をするために仕事ができない場合、休業損害費も保障されます。おおまかな保険基準で1日5,700円?19,000円です。

休業損害費は証明が必要ですので、当整骨院にご相談ください。あと、もうひとつ忘れてはいけないのが

4)慰謝料

交通事故の被害者になってしまった方には、必ず慰謝料というものが発生致します。

交通事故が原因により経済状況・生活環境に問題が出ることが考えられます。それを補うために支払われます。具体的な算定基準は、

総施術日数×4,200円
または、(通った実日数×2)×4,200円

どちらか少ない方になるのが一般的です。


交通事故施術の施術期間ってどれくらいなのでしょうか?

平均的な施術期間は3ヶ月から4ヶ月です。

もちろんですが、ケガの程度や事故の種類によってかなり変化します。比較的早い方で、1週間?10日で症状の7割から8割は回復に向かいます。

しかし、症状が軽減したからといって、改善したとは言い切れません。ケアが中途半端であったがゆえ、のちのち深い後遺症が残る方が大変多いです。示談をした後に症状が出たら悲惨なことになります。

こういう事例を見てきて、交通事故施術で言えることは、

「少しでも早く施術を開始する」
「症状にあわせた施術で最後までケアしきる」

これさえ守れば、交通事故施術で後悔することはないでしょう。


すでに病院に通っているのですが整骨院へ移ることはできますか?

整骨院へ移ることもできますが、病院との併用でもOKです。

整骨院による施術ではカバーできないケガもございます。そして、我慢できないほどの強い痛みは、薬を飲まなければ痛みが止まらない場合もあります。

また、総合病院又は整形外科に、10日から2週間に一度通うことによりそちらでの経過観察ができます。(損保会社へ送られます。)

お客様の症状によっても変わりますが、病院と当整骨院の併用をおすすめしております。


交通事故の施術期間中に施術の打ち切りを言われたのですがどうしたらいいですか?

施術が打ち切られるからといって通えないわけではありません。

一時的に自己負担で施術を受けていただき、後日示談交渉にて施術費を請求することもできます。

ただし、請求に応じて頂けるかは交渉次第になります。


交通事故でも健康保険は使えますか?

よく交通事故では使えないという話が出ますが、交通事故でも健康保険による施術は可能です。

ただし、「第三者行為による傷病届け」の提出などの手続きが必要となります。

※示談が成立した場合は使用することが出来ませんのでご注意下さい。


当て逃げをされてしまい加害者が分かりません。それでも保険を使った施術を受けられますか?

当て逃げや無免許による自賠責非加入者が加害者の場合も大丈夫です。

政府の自動車損害賠償保障事業に請求することで自賠責保険と同様の保証を受けることが出来ます。


仕事を休むと収入に影響するため、休んでまで通うことが出来ません。

交通事故に遭ったせいで収入が減ってしまったという損害(休業損害)に対しては休業補償という制度が認められています。

交通事故によるケガで長期に渡り施術をすることになり、休んだ分給料が減らされてしまった、ボーナスが減額されたなど、収入の減収分、賞与、諸手当、昇給が休業損害です。

こういった制度を利用しながら通うことをお勧めします。


たくさん通うと加害者の負担が増えてしまいそうで申し訳ないのですが・・・。

通った日が多かろうが少なかろうが、加害者の負担は変わりません。

事故を起こして保険を使用した時点で任意保険からの等級が3等級ダウンするため被害者が気にする必要はありません。

心配なさらず通って下さい。


事故直後は痛みがなかったため、示談してしまいました。その後、痛みが出てきのですが、施術をしてもらえますか?

ときめき整骨院では施術をすることはできますが、示談が成立してしまっているため自賠責保険や健康保険での施術はできません。

原則、実費での施術になります。示談成立後は例外をのぞいて取り消しや、やり直しができませんので事故直後に症状がないからといってすぐに示談せず、ときめき整骨院にご相談下さい。



他の機関との併用はできないと言われのですが、本当ですか?

他の機関とときめき整骨院の併用は可能です。

当整骨院ではお客様の状態の把握のため、病院での定期的な検査をお勧めします。



2週間前、事故に遭いました。事故直後、痛みはありましたが仕事が忙しく病院にかかれませんでした。これから施術を受けることはできますか?

事故後初めに警察へ物損事故と報告した場合、交通事故証明書も物損扱いとなります。

そのままでは、その後に施術を受けたとしても自賠責保険に施術費などを請求できなくなる恐れがあります。

そのため、早急に病院などの機関へ行き必要な書類を警察に提出して下さい。必要な書類を警察に提出することで物損から人身に切り替え、自賠責保険を使用することが出来ます。

また、警察で切り替えが出来ない場合は認められる可能性は低いのですが、交通事故証明書に人身事故証明入手不能理由書を添えて提出することで保険金の請求が認められる場合もあります。

しかし、面倒を起こさない為にも事故後は早急に病院などの機関へ行って下さい。


事故にあってしまったのですが、自分にも過失があるそうです。この場合は施術を受ける際に窓口でお金が必要になりますか?

交通事故に遭い自賠責保険を使用しての施術を受けるの場合、基本的に窓口負担金は必要ありません。

ただし、施術が終了し示談になった段階でお客様の過失分が慰謝料から補填される形となります。

これを過失相殺と言います。そのため、事故で過失があった場合は慰謝料を全額受け取れない場合もありますのでご注意ください。

施術メニュー

交通事故での怪我・リハビリ

美容メニュー

ご案内

ときめき整骨院施術ブログ

© Copyright ときめき整骨院あすみが丘 All Rights Reseved.